子供の食育について考えよう

子供からお年寄りまで、すべての人はごはんを食べなくては生活することはできません。

中でも子供は自分で栄養バランスなどを考えて食事をすることができません。

今の子供たちは食生活が乱れ、栄養の偏りや肥満・極端なダイエットなどで痩せるなどといった問題をたくさん抱えています。

そこで子供たちに対する食育がとても重要になってきます。

最近は両親が共働きの為1人食事をする孤食が増えているそうです。

大人でも1人で食事をすると、楽しくないですしおいしく感じません。

子供が成長する過程においていつどこで誰とどのように食事をするかがとても重要になってきます。

これらをきちんと行うことによって、食事のリズムができ楽しんで食事をすることができます。

食事が楽しくなると食に興味を持つことができるので、いろいろな食材にチャレンジでき好き嫌いをしない子供になります。

たった何十分の時間ですが、空腹を満たすだけの食事ではなく子供の心と身体を健康にするために食育はとても大切な事なのですね。

毎日朝ごはんをしっかり食べていますか?

最近の若い人は仕事が忙しく夕食が遅かったり、少しでも多く寝ていたかったりと生活習慣の乱れから朝ごはんを食べない人が多いみたいです。

私も仕事をしていた時は寝坊して朝ごはんを食べることができないときもありましたが、頭が働かず集中力もなくなり仕事どころではありませんでした。

食育について調査したところ、最近の子供たちは朝ごはんを食べないという子が増えているそうです。

朝ごはんをしっかり食べると脳にエネルギーが補給されるだけでなく、体温が上昇し腸が刺激されます。

つまり身体が元気になるってことですね。

朝ごはんをしっかり食べる子供は勉強やスポーツでいい成績が出せるだけではなく、気持ちもリラックスすることもできます。

お腹がすくと大人でもついイライラしてしまいますよね。

夜更かしする大人が多い中、子供には早寝早起きと規則正しい生活を送らせ体内時計を規則正しく動かせてあげたいものです。

子供が健康に成長するために朝ごはんはとても重要な役目をします。

子供の為にも食育についてしっかり考えたいですね。